RIMS物件CSV取込プラグイン

nendeb-biz-005-009
商品名RIMS物件CSV取込プラグイン
バージョン1.0.0
制作nendeb-biz
ファイル名fudoucsv_rims.zip
再ダウンロード有効期間(日数)365
¥49,000(税別)

商品説明

RIMS物件CSV取込プラグインは、不動産プラグイン本体に株式会社アクア様が提供の不動産物件情報Webサイト総合管理システム「RIMS」からダウンロードした物件情報CSVを取り込む機能を追加します。
一括で物件情報を登録・更新できるので、不動産会社様の課題である物件情報メンテナンスの時間が激減。
物件情報を「RIMS」で一元管理しつつ、「不動産プラグイン」を使って個性を活かした不動産サイトを手間なく運用したい。そんなお客様にオススメです。

RIMS物件CSV取込プラグイン
※RIMSとは・・・
不動産物件情報と販促業務を一元管理する基幹システムとして、物件登録、編集、管理から、画像管理、各ポータルサイトとの一括データ連動、間取り図トレースなどの広告パーツ制作管理までシームレスにサポートしているサービスです。

導入方法

以下の手順で導入してください。

  1. RIMS物件CSV取込プラグインをダウンロードし、PCに保存
    ※「fudoucsv_rims.zip」が保存されたことを確認
  2. 管理画面「プラグイン」をクリック
  3. プラグイン新規追加をクリック
  4. アップロードをクリック
  5. PCに保存した「fudoucsv_rims.zip」を選択し、「いますぐインストール」をクリック
  6. インストールが終了したら「有効化」にしてください

使用方法

  1. WordPress管理画面「ツール」>「RIMS 物件CSV取込」をクリック
  2. CSVアップロードファイルの「ファイルを選択」をクリックし、ダウンロードした物件CSV選択
  3. 「取込み」をクリック
    • 取込み時に「下書き」として登録にチェックを入れると公開状態ではなく、全て「下書き」状態で取込む事が出来ます。
    • 物件番号重複処理の設定を「上書き」「スキップ」のどちらかを選択してください。
    • CSVでは物件画像は取込み出来ません。
      ファイル名のみが取込まれています(画像1参照)。画像ファイルはファイル転送ソフトもしくはWordPress管理画面「メディア」からアップロードしてください。
      画像ファイルをアップロードすることで、自動的にファイル名との紐づけが行われ、物件に画像が表示されるようになります。
      ファイル転送ソフトを利用する場合は、物件画像ファイルの保存場所をご確認の上、アップロードしてください。
      なお、物件画像ファイルの保存場所は、WordPress管理画面「設定」>「不動産プラグイン設定」にある「メディア設定」の項目で確認できます(画像2参照)。
      物件画像ファイルの保存場所については不動産プラグイン導入の際に「アップロードする物件画像ファイルの保存場所の変更」の手順を実施していることが前提となります。
画像1:物件画像
画像2:メディア設定

注意事項

  • 購入後、1年間は最新版をダウンロードすることできます。
  • 2年目以降で 最新版のダウンロードを希望の方は「年間(ダウンロード)ライセンス」をご検討してください。
  • 「RIMS物件CSV取込プラグイン」ご利用の場合は 「不動産プラグイン(本体)」が必要です。
  • マルチサイト機能には対応しておりません。シングルサイトでご利用してください。
  • 作業する前には必ずデータベースのバックアップを取ってください。

RIMS物件CSV取込プラグインの更新内容

更新内容は こちらを参照してください。
更新履歴 (Changelog)

RIMS物件CSV取込プラグイン年間ライセンス

年間ライセンスは、商品の最新版を再ダウンロードする期間の延長をすることができる年額サービスで、同名商品をご購入いただいているお客様が対象のサービスとなっております。
2年目以降で、最新版のダウンロードを希望の方は「年間(ダウンロード)ライセンス」をご契約いただく方がお得になりますので、ぜひご検討してください。